おすすめグッズ紹介

日用品・食品・家電まで。おすすめグッズを紹介しています。

【変換アダプター】iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター BSMPC11C01BKのレビュー

      2017/11/22

 普通のサイズのUSB(USB-A)を、microB-USBと呼ばれる、スマートフォンによく採用されている規格で使えるようにするための変換アダプターです。

iBUFFALO 変換アダプター BSMPC11C01BKを購入するきっかけ

 ロードバイクにスマートフォンを付けて、ナビ代わりに使っていたのですが、段差を乗り越えるときにスマートフォンを落としてしまい、画面にヒビが入ってしまいました。
 スマートフォン自体は故障はなく、動作はするはずなのですが、タッチパネルの一部が反応しなくなってしまいました。
 画面の交換だと1~2万円程度、中国か何かの通販サイトでガラスだけの購入はできるらしいのですが、数千円と、安くはない値段でした。
 というのも、使用していたのは2013年のスマホ、しかも白ロムで購入したものなので、交換代の方が高くついてしまうのです。
 とりあえず、壊れたスマホからデータだけでも取り出せればと思い、このアダプターを購入しました。

iBUFFALO 変換アダプター BSMPC11C01BKの良い点・メリット

スマートフォンでマウス操作ができるようになる



 私が使用していた、壊れてしまったスマートフォンはSO-04Eという、ソニーのアンドロイド端末なのですが、このUSBアダプターを噛ませてマウスを差し込むことで、スマートフォンを操作することができるようになりました
 これによって、データの移行もできましたし、旧スマートフォンはdTV専用機として今も現役で使うことができるようになりました。

価格がお手頃


 このアダプターはAmazonであれば400円前後で購入することができます保証期限や白ロム、root化のためにキャリアショップやメーカーでの修理やデータ移行を依頼できない場合や、修理で数万円かかるなら格安スマートフォンを購入する、という場合には、一つの選択肢になると思います。

スマートフォンで、有線キーボード入力ができるようになる


 スマートフォンのキーボード入力では、Bluetoothを使った無線接続がありますが、接続が切れやすかったり、電池の消耗が早いという難点がありました。
 しかし、有線であれば接続が切れるという問題はありませんし、電池の消耗も無線ほどではありません。パソコンで普段使っているキーボードと同じものを使えるというメリットもあります。

iBUFFALO 変換アダプター BSMPC11C01BKの悪い点・デメリット

iBUFFALO 変換アダプター BSMPC11C01BKの使い方

スマートフォンが操作できなくなったときのための緊急用に


 私もそうでしたが、スマートフォンがいきなり操作できなくなるときがきます。そのときになって電気屋に行くのもいいのですが、いざというときのために、スマホアイテムとして持っていてもいいと思います。

スマートフォンの操作をよりやりやすく


 スマートフォンの操作にイライラすることもありますよね。コピペがしにくかったり、キーボード操作がやりにくかったり…
 普段からパソコンを使っている場合には、キーボードやマウスを使った方が操作性が上がりますスマートフォン(アンドロイド端末)でもキーボードやマウスは使えますから、このアダプター一つでパソコンチックに使うことができるでしょう。

関連商品の紹介


 こういったUSB変換アダプターは「これじゃないと絶対に動かない」ということでもないので、レビューで「スマホで動きました」みたいなコメントがあればなんでもOKだと思います。ですので、Amazonでの最安値を確認して購入するのがいいのかな、と思います。

iBUFFALO 変換アダプター BSMPC11C01BKの他のレビューを読むには

 リンク先には参考になるレビューがたくさんあります。
 有益な情報が多々ありますので、ご確認してみてください。

 - ★★★☆☆(無難な商品), 家電 , ,