おすすめグッズ紹介

日用品・食品・家電まで。おすすめグッズを紹介しています。

【消臭】ミョウバン水でトイレの臭い対策&トイレ掃除を楽に

      2018/08/10

 ミョウバン水をスプレーすることで、トイレの臭い対策になります。
 作り方も簡単、安価なので、毎日のトイレ掃除にいかがでしょうか。

材料

原液の場合

焼きミョウバン 20g
水道水   500ml

※生ミョウバンの場合には焼きミョウバン×1.5の量を使用する
ミョウバン水でトイレの臭い対策&トイレ掃除を楽に
焼きミョウバン基本情報

作り方

 原液の場合、ミョウバンを水道水500mlに溶かします。500mlのペットボトルが使いやすいと思います。良く振って、かき混ぜます。
 この時点で色は白く濁っていることもあると思います。しばらくすると(遅い場合には2日ほど)透明になります。これだけで完成です。
 冷暗所で1ヶ月保存ができます。
 使用するときにはミョウバン水原液を10倍に希釈します。希釈する場合には100均等のスプレーに移し替えます。
 希釈するのはめんどくさいのですが、焼きミョウバンは少量を水に溶かすと発熱し、場合によってはやけどをします。飽和水溶液(原液)で作った方が安全です。

使い方

トイレ掃除&トイレの消臭に

 ミョウバン水はトイレの消臭に役立ちます。我が家では「そこそこ消臭できている」という印象ですが、ネット上のレビューを見ていると「劇的に臭いが消えた」という方と「ほとんど効果がなかった」という二極化ですね。
 元々の臭いの発生源がアンモニア(おしっこ)の場合には効果てきめん、下水管や壁紙に染み付いた臭いなどアンモニア臭以外の場合には効果が薄いのかもしれません。

毎日のトイレ掃除に

 ミョウバン水は、我が家では消臭効果はそこそこですが、トイレ掃除にはぴったりです。
 ブルーレットの記事にも書きましたが、便器内はブルーレットのおかげでほとんど汚れませんが、ふちが汚れてしまいます
 そんなとき、このミョウバン水を便器のふち等にスプレー→汚れを浮かせる→厚手にしたトイレットペーパーで拭くということで、トイレ掃除ができます。便器内に汚れがついたときには流せるトイレブラシ&流せるトイレクリーナーでトイレのメイン掃除をするので、普段はミョウバン水掃除でも十分に清潔さを保っています。トイレットペーパーで「毎日」、「気付いたとき」に掃除ができるのがポイントですね。おまけで消臭もできます。

猫トイレに

猫トイレの臭いにミョウバン水
 同じ理由で猫のトイレのアンモニア臭にも効果があります
 猫のミョウバンの致死量ですが、ミョウバン水でいえば何十リットルも飲ませなければならない量です。心配な方はかなり薄めに作って始めるのがいいでしょう。また、ミョウバンそのものは猫が手を出せない場所に仕舞っておくのを忘れずに。

汗の臭いに

 ミョウバン水は体にも使えます。特に脇の臭いには有効で、10倍希釈のミョウバン水をスプレーすることで消臭することが可能です。

ミョウバン風呂

 明礬温泉が有名ですね。ミョウバン水原液を70mlを湯船に溶かすことで、ミョウバン風呂を楽しめます。ただし、風呂釜の汚れが一気に溶け出すこともあるので注意です。

注意点

肌に使う場合、肌の弱い方は濃度を薄くし、目立たないところで試してから

 肌の弱い方は上記に示した濃度よりも薄い濃度・目立たないところで試してから使用して下さい。

トイレットペーパーでしっかり掃除したいときには

 我が家は二人家族なのでこのくらいの掃除でも十分ですが、家族が多くなるとこのくらいじゃ火に油を注ぐレベルでは?という方には、「まめピカ」という商品もあります。この記事を書いているときに知りました。
 毎日掃除が必須、でも少しでも楽をしたいという方は、こういうものを活用するのがいいと思います。

成分について

 ミョウバン水は酸性。ですので、アルカリ性のアンモニア臭には効果がありますミョウバン水を使うことで中和され、臭いを防ぐことになるのですね。

値段について

 ミョウバン水の値段は以下のようになります。

焼きミョウバン(500g) 500円前後
・スプレーボトル 100~500円

これを規定の分量にすると、以下のようになります。

焼きミョウバン(20g) 20円前後

 トイレ掃除のスプレーは200円前後ですので、その1/10程度になりますね。デオドラントスプレー、入浴剤と考えてもかなり安い部類です。
 ミョウバン水の用途はまだまだあります。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

材料

 - 自作・手作り関係 , , , ,