おすすめグッズ紹介

日用品・食品・家電まで。おすすめグッズを紹介しています。

【糸楊枝】ジャックス フレッシュ フロスピック ホワイトのレビュー

      2017/01/01

 糸楊枝です。50本入りで200円程度になります。

ジャックス フレッシュ フロスピックを購入するきっかけ

 歯医者さんにお世話になっているのですが、歯科衛生士の方に「毎日もしくは2~3日に1度糸楊枝で歯の隙間をきれいにしてください」と言われました。今までも糸楊枝を使ったことはあるのですが、持ち手のないタイプは上手く使えず、同じタイプの持ち手(ピック)タイプでも歯と歯の隙間がざらざらしているのか、途中で引っ掛かって糸楊枝が抜けない、なんていうこともあったので正直苦手でしたが、虫歯が多いので「今度こそは続けるぞ」と意気込んで買ったのがこの糸楊枝になります。

ジャックス フレッシュ フロスピックの良い点・メリット

引っ掛からない


 一番びっくりしたのが、歯と歯の隙間に入れても引っ掛からないことです。と、いうか今まで安物を使いすぎて、私の歯がざらざらなのかと思っていましたが、ちゃんとしたものを使えば引っ掛かるなんていうことはない、ということを知りました(笑)

品質がいい


 今まで使っていた糸楊枝の品質がちょっと問題ありだったのですが、それと比較すると、糸がよれておらず平で幅のある糸となっています。平な分、歯と歯の間に入りやすくなっています。隙間に入れて左右を掻き出すようにと歯科衛生士さんからは指導があったのですが、かなりやりやすいです。

安い


 50本で200円ですから、1本4円ということになります。毎日使っても懐が痛くないですね!

ピック型


【ジャックス フレッシュ フロスピック】ピック型で使いやすい
 糸楊枝でも名前のごとく糸だけのタイプもありますが、慣れるまでは扱いにくいと思います。
 これはピックタイプで持ち手がありますので、私のような不器用でも続けることができています。

見た目も可愛い


 糸楊枝ですから見た目は気にしないという方が大多数だと思いますが、外袋はピンクですし、糸楊枝自体も白でかわいらしいです。外で使うことはほとんどありませんが、密着袋に入れてポーチに忍ばせていてもおかしくはないと思います。

ジャックス フレッシュ フロスピックの悪い点・デメリット

 特にこれといって問題点はありません。

ジャックス フレッシュ フロスピックの使い方

毎晩の歯磨きタイムに


 私は夜に使用しています。毎晩というのがなかなか習慣付いていないのでできていないのですが、2~3日に1度は使用しています。
 使い方としては、マウスウォッシュ→歯磨き→うがい→糸楊枝→うがい→歯磨き→うがいとしています。最近は歯垢染色液も使っているので歯磨きの時間は相当長くなりました(笑)

関連商品の紹介


 Amazonで最も売れているのは小林製薬の糸楊枝だそうです。
 単価はちょっと高めだと思います。

ジャックス フレッシュ フロスピックの他のレビューを読むには

 リンク先には参考になるレビューがたくさんあります。
 有益な情報が多々ありますので、ご確認してみてください。

 - ★★★★★(超おすすめ), 生活用品 , ,